ストレスによるうつ病を治す【海馬を縮ませるのが短期記憶障害】

サイトメニュー

直ぐに物が忘れる病気

医者と看護師

人が記憶する仕組み

人の記憶は、一度、短期に情報集め、そこから重要な内容だけを長期に記憶をする長期記憶へと置き換えると考えられています。1時的に短期に、情報を集める器官は、海馬とも呼ばれ、海馬の働きの機能が失われることで、短期記憶障害を引き起こす場合もあるのです。年を取ると、脳の働きが弱まり、海馬の力が弱まる中で、短な出来事が想起出来ない場合もあります。年齢を問わず、ストレスによって、海馬の働きが弱まる場合もあるのです。その結果、若い人であろうとも、短期記憶障害を引き起こす可能性があります。ストレスと短期記憶障害の因果関係は、100%の関係として科学的には分かっていません。ストレスが生み出す物質が、海馬の働きを弱めている事実は解明されています。ストレスに対応するために、恐怖を与える情報を取り除き、体に行動を起こさせるための仕組みだと考えられている場合もあります。ただし、その仕組みは、現在の社会適応に弊害を起こす場合もあり、心身にも大きな負担を与える原因ともなりかねません。ストレス反応は、小さな内容から徐々に段階を踏む形で、強まっていきます。短期記憶障害を引き起こすほどの内容は、強い負荷状況だと判断するのも大切でしょう。ストレスによる、短期記憶障害は、機能を失わすだけでは無く、短期記憶を司る海馬を壊す原因になります。一時的な内容では無く、取り返しのつかない結果ともなりかねません。薬による精神安定剤は、ストレスを緩和させ、心の負担を軽減させてくれるでしょう。体の不調は、内科などに足を運んでしまいますが、心の原因を見落とす可能性もあり、精神科や心療内科などに足を運ばれるのも大切です。もちろん、公が認めた医療機関であるため、保険適応できます。ただし、精神科や心療内科は、1人当たりの診断時間が長引く場合もあり、少し費用がかかる可能性などについても考えておくのも良いでしょう。あくまでも傾向として、保険無しの費用として、初診が1万円ぐらいが相場です。医療機関の判断の元で、所得に応じて社会復支援制度を受けられる場合もあり、この制度が利用出来れば、費用を極端に抑えられる場合もあります。短期記憶障害を引き起こすほどの、ストレスの原因は、各々違います。ただし、共通する内容として、置かれている環境が悪いと本能が感じ取っているでしょう。そのため、周りの情報を避けたい気持ちも高く、人を避けたい気持ちや目の瞳孔が小さくなり元気の無い様子も現れやすくなる気づきも大切です。