ストレスによるうつ病を治す【海馬を縮ませるのが短期記憶障害】

サイトメニュー

認知症について

カウンセリング

認知症の治療と精神科

記憶障害とは、自分の体験や自分の過去の出来事が記憶から抜け落ちてしまう症状のことをいい、認知症の中核症状のひとつであります。物忘れと違って自覚症状がなく日常生活に支障が出てきます。かつては痴呆症と呼ばれ、さまざまな要因で脳細胞が死滅してしまったり、働きが悪くなったりしてさまざまな障害が起こったりし、生活に支障が出てきます。その治療には、精神科を選び通院するのもよい方法です。通院する精神科を選ぶ際注意しないといけないのは、認知症を専門に扱っているかどうかという点です。その際もっとも無難である選択基準としては、短期記憶障害を専門にしているかをチェックしてみるとよいでしょう。短期記憶障害をする治療にはストレスに対する治療を含み、またストレスに対する治療のノウハウがあると思われる精神科も、他の科と比べても認知症を専門に扱っている病院も多く存在します。短期あるいは長期の記憶障害を治療する際には、上記の認知症を専門に扱っている病院に行くとよいでしょう。記憶力が落ちてきて心配になったら病院を受診するのですが、短期記憶障害と診断されたら入院あるいは通院となり、その準備や受診の申し込み方法などについて記載するのですが、短期記憶障害はついさっきのことを記憶できないので、付き添いが必要になったりまたいろんな書類が必要になってきます。ストレスによって発症するのでストレスに対してのノウハウがある精神科も短期記憶障害の治療には有効だとされます。通常の流れを説明すると、精神科を受診する際、問診を受けますがそのときに問診票を渡されますのでそのさい担当者から病歴等の聴収が行われます。この際、患者の介護状態や日常生活活動度の評価なども行なわれています。そして心理検査、つまり認知機能検査やうつ症状や周辺症状の徘徊、妄想の評価が行われます。このような準備を経て診察が始まり担当医に患者情報や認知機能の検査における診察を行なってもらい、その後レントゲンや採血をします。そしてその後の治療方針が決められ、多ければ毎週治療の方針に関しての会議によって治療方針は決定されるのが通常だと思われます。