ストレスによるうつ病を治す【海馬を縮ませるのが短期記憶障害】

サイトメニュー

心因性の症状とは

カウンセリング

ついさっきが苦手になる

短期記憶障害は、ストレスによって発症する場合があります。この場合は認知症とは違い心因性の短期記憶障害になります。ストレスが原因の場合は、出来事や特定の人物のことを忘れてしまうことがほとんどです。それ以外は覚えていることから日常生活で問題が起きることはあまり無い障害です。ただ、稀に自分が誰だか分からなくなる人もいます。こうした場合は専門医の治療を受けることがとても大事です。過去を忘れてしまうという点が特徴となっています。新しいことを覚える機能は失われていないことから過去に関することでも現時点と関連性があることは覚えています。認知症との大きな違いは脳の機能は失っていないということです。認知症は脳の機能を失うことから、全てを忘れてしまうことが多々あります。心因性の場合は、ある出来事を境にそれより過去のことを忘れてしまうケースが大半です。こうして点から専門医であれば、適切な診断をすることが出来ます。記憶喪失と呼ばれている患者さんの中にも、心因性が原因となっていることがあります。ストレス性の短期記憶障害になる人は、トラウマなどを抱えている人が多いです。そうした理由から悩みやトラウマを抱え込まないようにすることが短期記憶障害にならないために大切なポイントになっています。心因性ということもあり、心の病気が根底にある場合がほとんどです。まずは悩みやトラウマなどを解消することも大事です。人に話しを聞いてもらうことで記憶喪失にならないようにすることも出来ます。トラウマや衝撃的な出来事も人に話すことで抱え込まないようにすることが可能となります。慢性的なストレスが原因となって脳内物質が変化することによって、起こるという研究報告もあるのでストレスを溜めないように生活をすることも大事です。ストレスを溜めないようにするには、運動を習慣的に行うなども効果的です。物事を前向きに考えるようにすることで、悩みを抱え込まない習慣を作ることも可能となっています。少しの工夫を続けていくことで予防することが出来る障害なので、予防することは出来ます。ストレスに対してどのように対応するのかがポイントです。