ストレスによるうつ病を治す【海馬を縮ませるのが短期記憶障害】

サイトメニュー

生活環境と記憶障害

悩む女性

物忘れは危険信号

人に与えるストレスは、体に悪影響を及ぼすだけではなく、精神的な記憶にも悪影響を与える場合もあります。その一つとして挙げられるのは、短期記憶障害です。短期記憶障害は、年を取ることによって引き起こされる場合もありますが、ストレスによる原因は、年齢を問わず誰にでも起きる場合もあるのです。例えば、恐怖の体験に出会った場合、心の安定化を保つために、入ってくる刺激を遮断する反応があります。恐怖を乗り切っても、正常な状態に戻らず、記憶を遮断する働きを起こすのです。頭で理解されていなくても、心がストレスを感じている場合もあり、生活に悪影響を及ぼします。ストレスによる短期傷害は、自分自身の考えがまとまらなくなる場合もあり、周りからおかしな姿に指摘されやすくなるでしょう。短期傷害による入力を遮断するほどのストレス状態は、安全ではない環境だと判断する中で、睡眠にも影響を及ぼしている可能性も高くあります。疲労感も高まりやすく、疲れが記憶に悪い影響を与えていると間違った考え方に要注意です。一時的な内容では無く、何度も起きる場合は、心身に大きな負担を与えている事実に気づかれるのも大切でしょう。短期記憶障害を改善させるには、心療内科や精神科などに足を運び、薬による処方と心理療法を求めなければなりません。薬は、心の安定によって、置かれているストレス状態を和らげる力があります。心理療法は、ストレス状態によって生じる、心身の大きなエネルギーを解放してくれる働きがあります。エネルギーが枯渇している場合は、正常なエネルギー状態に戻す取り組みもあるのです。ストレスが生み出す短期記憶障害は、正常な判断を失わせてしまいます。心療内科や精神科などに足を運び、正常な判断を取り戻せば、ストレスに対する対応の仕方について、正常な判断が出来る様になるでしょう。現在の社会において、命が奪われる様な環境は、ほとんどありません。短期障害を引き起こすほどのストレスは、自分自身の考え方が作り出している姿もほとんどのはずです。社会不安障害などは、自ら社会は大きな存在だと錯覚を起こし、その圧力に心が押しつぶされてしまうために起きる障害でしょう。心療内科や精神科などに足を運べば、意識に変化を与える刺激にも出会える可能性もあり、生活環境の適応の助けとなる力ともなるでしょう。まずは、正常な心身を取り戻す心構えを持つのも大切です。