ストレスによるうつ病を治す【海馬を縮ませるのが短期記憶障害】

サイトメニュー

症状が現れたら注意しよう

ハートと聴診器

早めの治療が大切

短期記憶障害は、精神的なストレスが原因となる場合があります。客観的に見た場合、短期記憶障害と物忘れの症状が非常に似ているため、軽視されることが多いです。しかし、短期記憶障害の場合、物忘れと異なり、生活に支障をきたすため、軽視しないことが大切です。物忘れの症状は、年齢を重ねると誰にでもなる可能性があります。しかし、生活に支障はなく、症状が悪化する心配もありません。また、物忘れをした自覚もあり、コミュニケーション力も衰えることはありません。しかし、短期記憶障害は、脳の萎縮が原因で、年齢は関係ありません。また、物忘れをしている自覚がないため、生活に支障をきたす可能性があります。そして、自然治癒は難しく、治療が必要になります。放っておくと症状が悪化する可能性があるため、早めに医師に診察をしてもらいましょう。また、自分で症状を自覚するよりも、周りが異変に気付いてくれる場合が多いです。その際は、素直に耳を傾け、診察することを前向きに検討しましょう。また、記憶障害を引き起こす可能性を低くするためにも、ストレスを溜めないように気を付けましょう。ストレスが原因の短期記憶障害は、治療により症状を改善することが可能です。そして、ストレスを改善するための工夫も、治療と並行して行うことが大切です。短期記憶障害の場合、脳の機能の低下が原因で、最近の出来事を記憶できなくなります。そのため、本人も、つい最近の出来事を記憶できていないことに大きなショックを受けています。周りは、出来事を忘れてしまうのは、病気が原因であることを理解し、本人を責めないように気を付けましょう。また、本人も自分を責めず、治療を積極的に受けることが大切です。そして、必要以上に不安を抱かないことも大切です。風邪などの症状と同じく、適切な治療を受けることで、徐々に症状は改善に向かいます。不安な気持ちが強い場合、不眠症や症状の悪化に繋がる可能性があるため、治療ができていることに安心感を持つことが大切です。また、治療中も、最近の出来事を覚えやすくする工夫をしましょう。出来事をメモ帳や携帯に残し、振り返りやすくすることで、治療中の安心感にも繋がります。